<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< パスタ | main | 四川風 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
ラブレターその2
ムロイさんの本をつくろう企画。
「ぽよ」ってなに?といわれてしまいました。
う〜ん。できれば、動物名は出したくなくて、避けてきたんですけど、
「ヒマワリの種」や「寿命が短い」ことで、わかる人にはわかるだろうなってラインだったんですよね。
隠す意味もないのですが、どこに入れるかが考えもの。

ムロイさん惜しい
猫でもウサギでもオウムでもなく、ハムスターです。
ハムスターの寿命は長くて3年ぐらいです。
好物はヒマワリの種。(でも、高カロリーなのであげ過ぎはよくないです。)
「もうちょっとヒントを」って事は、ヒント止まりでいいのでしょうか。
そういう方針でいきますよ〜。
最初の方の、ぽよが我が家へ来るまでの部分しか追加してません。


********************************************


『2年と5日』name:シフォン 20代 (私から、ぽよへ)

 ぽよへ。
 伝えたいことが多すぎて、何から伝えればいいのかわかりません。
 私がぽよから貰ったものは数え切れず、どれもこれも私の胸を締め付けます。ぽよと過ごしたこの2年と5日は一生忘れることはないでしょう。
 初めて出会った4月の或る晴れた日を覚えていますか。出会いは突然でした。前から飼ってみたくて色々下調べをしていたにもかかわらず、ホームセンターでわらわらしているぽよ達を見て、いきなり我が家にお迎えする事を決意しました。とは言っても、夜行性の動物は、夕方にお店に行って元気よく動いている子を選んだ方が良いという予備知識もあり、夕方出直す事にしました。早速家に帰り、嘗てない程のスピードでぽよの為のスペースを作りました。そして夕方、もう一度ホームセンターに出向き、ぽよの為にお家とご飯と、絶対に必要な回し車を買いました。そして、店員さんに直ぐに寄って来て、一番元気がいい子をお迎えすることに決めました。それがぽよ。この時から、ぽよは我が家の一員となり、私と彼とぽよでの生活が始まりました。やんちゃでどうしようもなく噛む子で、とんでもなくかわいいぽよ。何枚も何枚も、写真を撮りました。ブロッコリーが大好きだったぽよ。ひまわりの種とみれば飛びついたぽよ。最初からトイレを覚え、決めたところ意外では決してしなかった、きれい好きで賢いぽよ。お水を飲むのが下手だったぽよ。ぽよ、ぽよ。
 夏は天井にアイスノンを、冬は手作り床暖房を。ぽよの為に国産のブロッコリーを八百屋さんで買っていた事を知っていますか。ぽよと一緒にいることの出来る時間が限られている事は判っていました。ぽよには少しでも幸せな時間を過ごしてもらいたかったのです。
 この2年と5日をぽよ無しでどう説明すればいいのでしょう。辛い時も、嬉しい時も、ぽよはいつも私と一緒にいてくれました。朝も夜も私に元気をくれました。ぽよがいてくれたからこそ、今の私があるのです。私とぽよが過ごした月日は、もちろん私にとっては短くてあっという間だったけれど、ぽよにとっては一生。その小さな体で、毎日を一生懸命生きていたぽよ。とても早い心臓の音。噛む力が弱くなってきて、私の指を噛んでも血が出なかった時、ぽよはもう若くないのだと知りました。
 私がどれだけぽよに元気を貰ったか、どれだけ感謝しているか、どれだけずっと一緒にいたいと願ったか、知っているでしょうか。
 私がどれだけぽよを愛しているか、ちゃんと伝わっていたでしょうか。
 最期のときにそばにいてやれなかった私を、許してくれるでしょうか。
 
 ぽよのいないこの部屋で、私は立ち止まるわけにはいきません。今から先何年経とうとも、ぽよ以上の子に出会える事は無いのですが、私は進まなければなりません。ぽよは全力で生きたのに、私がここで立ち止まっては意味が無いのです。
 寂しくありませんか。今、ぽよのそばでは白い花があふれるほど咲いています。
 ぽよの為に私が選んだ花です。



********************************


だいたい、企画を見て、ぽよ宛のラブレターを書こうと思った時は、ただのラブレターのはずだったのだけど、書き出す前に、ぽよとの別れが来てしまったので、こういう感じになってしまったのです。
* 22:50 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 22:50 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://giverny.jugem.jp/trackback/15
 トラックバック